検査の数値を気にして肝臓の健康を守ろう|サプリメントで改善

シニアの婦人
ゴマ

脅威の胡麻成分

男性の場合は忘年会といったイベントでお酒を飲む機会がありますが、そういう時にセサミンを服用すると二日酔いを予防できます。しかも体内で発生する活性酸素を取り除く効果もあるので健康な体作りに役立つのです。

疲労

しじみに含まれる健康成分

オルニチンは摂取すると、肝臓の働きを助ける効果が期待できます。そのため、2日酔いなどに効きます。オルニチンはしじみに多く含まれており、しじみの味噌汁を食べたり、サプリで摂る方法があります。なお、レトルトのしじみの味噌汁では、オルニチンが多く摂れるものが販売されています。

錠剤

健康維持に良い乳酸菌

食の欧米化によって大腸がんのリスクが大きく上昇しました。リスクを回避するためには乳酸菌サプリメントを飲んで大腸がんの予防をするといいでしょう。また牛乳と乳酸菌サプリメントを同時に摂取するとラクトトリペプチドを作り、高血圧予防を出来ます。

人体の化学工場を守る

親子

沈黙の臓器からの注意信号

忙しい社会人は仕事のストレスやアルコールで肝臓に負担をかかることが多くなります。人体の化学工場と言われるこの臓器では、食物から摂取した栄養素を使って人体に必要な物質を製造しています。人体の害になる毒素を逆に分解して無毒化する働きも、生きていく上では欠かせません。大きなストレスがかかるとそうした物質の需要も増え、分解すべき毒素が肝臓に次々と流れ込んできます。フル稼働が続いた肝臓は次第に疲れてきて機能低下に陥りますが、肝機能が30%以下にまで落ちなければ自覚症状が表れません。その点が沈黙の臓器と呼ばれる理由でもあります。そんな肝臓の病気をいち早く見つけるために、健康診断等では血液検査を実施しています。肝機能が衰えてくると、症状が発生する前にまず検査数値の異常として表れてくるのです。血液検査では多くの物質の量を調べますが、中でも重要なのはASTとALT及びγ-GTPという数値です。ASTとALTはともに壊れた肝細胞が血液中に含まれているかどうかを示し、γ-GTPが高い場合は肝臓の解毒作用が低下していることを示します。正常値を上回る場合は食事の工夫やサプリメントの利用などで数値改善も可能です。

肝機能を助けるサプリメント

検査の数値が高いと判明したら、炭水化物や脂肪・アルコールを控えるなどの対策が欠かせません。カロリー過剰の食生活が続くと、肝臓が処理しきれないほどの脂肪が溜まって脂肪肝の原因となるのです。多量のアルコール摂取でも肝臓が疲れ、脂肪の処理能力が低下してしまいます。とは言え社会人にとってはアルコールを介した付き合いも避けられません。そんな人の肝臓を助けてくれる成分の代表格がウコンです。ショウガの仲間に属するウコンには、クルクミンという色素成分が多く含まれています。このクルクミンは胆汁の分泌を促して肝機能を改善させ、アルコールの分解もサポートしてくれるのです。クルクミンは強力な抗酸化作用も持っており、活性酸素を除去する点でも肝臓への負担を軽減させています。肝機能を回復させるのに効果の高いウコンは、飲料で摂取するのがポピュラーな方法です。一方でクルクミンは不溶性のため、ドリンク剤を飲んでも吸収効率が低い面もあります。ウコンを配合したサプリメントの中には吸収効果を高めている製品も多いものです。吸収力に優れたサプリメントでウコンを摂取するのが、人体の化学工場にかかる負担を軽くする最善の方法なのです。

Copyright © 2016 検査の数値を気にして肝臓の健康を守ろう|サプリメントで改善 All Rights Reserved.